淫習の村~籠目の儀式~ お手玉、おはじき、けん玉で!

 

「 淫習の村~籠目の儀式~ 」 4話の見どころ

4話では陽菜と里香の本格的な調教の日々が始まります。

 

お手玉、おはじき、けん玉といった昔懐かしいおもちゃでおもちゃにされる陽菜と里香。

 

大人のおもちゃでないおもちゃを使ってのプレイも必見です!

 

「 淫習の村~籠目の儀式~ 」 4話のネタバレ感想

背面座位の形で挿入され、お手玉をさせられる陽菜と里香。

 

勝った方は解放してもらえて、負けた方はお仕置き。

 

でも、お手玉の最中に下から突かれたり、後ろから揉まれて、集中することが出来ません。

 

先にお手玉を落としてしまった陽菜がお仕置きされることに。

 

男にバックから激しく突かれ、あんあん鳴く陽菜。

 

一方解放された里香は、陽菜が犯されて淫らに乱れていく様を見て、体が疼いてしまいます。

 

里香にも犯されたい願望が確実に芽生えていました。

 

お手玉の次はおはじきを使ったプレイ。

 

どちらがよりたくさん中に入れることが出来るか、競わされます。

 

詰め終わると、立ち上がらされる陽菜と里香。

 

詰めたおはじきがボトボト出ていく解放感を覚えます。

 

これ、どんな感覚なんでしょうね?

 

中に残ったおはじきがないかは、村人の指をあそこに挿入して確認することに!

 

こんな風に、4話では昔懐かしいおもちゃを使って、陽菜と里香がおもちゃにされていきます。

 

二人は嫌になって脱走を試みたこともありますが、連れ戻され、けん玉でお仕置きされてしまいました。

 

このけん玉を挿れられ、腰を振って遊ばされるプレイも必見です!

 

しかし、けん玉をあそこにぶっこんで、腰振って玉を刺せる人って……いるんですかね??

 

いたら相当膣圧の強い人ですよね。

 

そんな人とヤれたら気持ちよさそう……

 

そうか、だから淫習の村の人たちも、陽菜と里香をけん玉で調教しているのか、と思いました(笑)

 

全話まとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です