君を抱くのが仕事だから!ついに鈴が京介の書斎へ

「 君を抱くのが仕事だから 」 5話、6話の見どころ

『君を抱くのは仕事だから~雇い主は変態小説家~』は、聖ゆうかが描くTL漫画です。

 

5巻ではついに佐々木京介の本を読めることになった一(にのまえ)鈴。

 

しかし、それは幸せある未来ではありませんでした。

 

『君を抱くのは仕事だから~雇い主は変態小説家~』の5巻と6巻のネタバレをまとめました!♪( ´▽`)

 

[コミックシーモア]【2月】【TL】君を抱くのは仕事だから?雇い主は変態小説家?【縦読み】

「 君を抱くのが仕事だから 」 5話、6話のネタバレ感想

前日の夜。佐々木京介の書いた小説が読めることにワクワクしていた一(にのまえ)鈴。

 

「とうとう明日、先生の本が読めるんだ私の気持ち、少しは届いていますよね?先生…」

 

緊張する胸の高鳴りを隠しきれないまま、鈴はベッドの中に入ります。

 

対する京介は、引き出しを開けて浮かない顔をしていました。

 

「これで鈴は必ず見つけるだろうこの未来(さき)に希望なんて1つもないのに」

 

そんなことを思いながら、ふと脳裏をよぎる学生時代。

 

京介は、鈴の大家さん-文芸部部長の堤に自分の書いた小説を読ませたことがあるのです。

 

自分の好きな小説を書いて、小説の中身を評価してくれる堤先輩との思い出が一番輝いていました。

 

しかし、現実はそう甘くありませんでした。

 

受賞内定をもらった時、顔出しを条件に出されて断った京介。

 

それを堺に、京介の書いた作品は初版で打ち切られ、雑誌には心ない批判が書かれていたのです。

 

それでも文字を武器にして売り出したいと考えている京介は、様々なジャンルの執筆に専念し作品を応募。

 

しかし、どれも不合格でした。

 

そんな中、官能小説を書かないかと相談の電話が来ました。

 

官能小説家としてデビューを果たした京介は色んな女性と体を重ね、執筆の題材にするも-突然機能不全になってしまったのです。

 

そんな中、通いつめていた読書喫茶で鈴と出会います。

 

京介は鈴の指先に触れた瞬間、欲情していることに気がつきました。

 

6巻では、ついに鈴が京介の書斎へ入ります。

 

ずらりと本棚に並ぶ小説に胸を躍らせる鈴。佐々木京介が書いた純文学を手に取った瞬間、隙間からバラバラと手紙が落ちました。

 

それは、学生時代に鈴が佐々木京介宛てに送ったファンレターの返事。

 

鈴は1つ1つ大切に読みましたが、そこで佐々木京介の本当の正体を知ることになったのです。

 

『君を抱くのは仕事だから~雇い主は変態小説家~』の5巻と6巻では、京介と鈴の小説に対する強い思いが描かれているシーンが多かったです!(◎_◎*)

 

小説はもちろん、本を読むことが好きな方なら共感する部分が多かったです(>_<)

 

[コミックシーモア]【2月】【TL】君を抱くのは仕事だから?雇い主は変態小説家?【縦読み】

全話まとめ1,2話感想3,4話感想5,6話を読んだ感想7,8話感想9,10話感想

関連記事

神の乳母~異形に奪われた妻 7話感想ネタバレ

ヤらないと死んじゃう病。1話感想ネタバレ!主人公がかわいいって重要ですよね。

初エッチの相手は妹 5話感想ネタバレ。露天風呂でも二回戦!

骨の髄まで私に尽くせ。3,4話ネタバレ感想

憧れの人はS○Xフレンド!3話,4話。この漫画のブラックさが最高!

淫習の村~籠目の儀式~ お手玉、おはじき、けん玉で!