初エッチの相手は…妹 2話感想ネタバレ。彼女と間違えて妹に挿入!

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~


漫画家志望のキキです。


私の気に入った漫画だけを紹介しているこのブログですが、最近エロ漫画ばかりに偏ってきています。(笑)

そんな中、読者さんよりシンプルに「最高にエロかった作品」だけを教えて欲しいというリクエストがありました。

確かに満足度の高い作品に出会うのは人それぞれですが、時間とお金、手間がかなりかかりますよね。_φ(・_・

今回、私が鳥肌が立つほど興奮し30回以上読んだ、ちょっと人に教えるのは惜しいエロ作品を今だけ紹介します。

5作品紹介しますので今すぐ満たされて下さい。(笑)

1,チンジャオ娘さんの最高作品
⇒ ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?

2,何回読んでもゾクゾク感が病みつき
⇒ 文学女子に食べられる

3,とにかく野外プレイがヤバ過ぎる
⇒ 初エッチの相手は…妹!?

4,3年以上売れ続けている危険な作品
⇒ デキちゃうけど、ナカでもいいよね

5,殿堂入りの作品です。この展開が大好き(*^_^*)
⇒ 幼馴染と練習えっち!

※新規タブで開きますので、時間がない人はあとでゆっくり見て下さい。無料試し読みがあります。



「 初エッチの相手は…妹 」 2話の見どころ

なかなか彼女の凪ちゃんとエッチが出来ない耕太!

しかしある夜チャンスが!

薫が爆睡してる時に襲います(^ ^)

しかし、何か様子が変…

えっ?凪ちゃんじゃなくて薫?

どういう事なのか?

 

【コミなび純稿】初エッチの相手は…妹!?

「 初エッチの相手は…妹 」 2話のネタバレ感想

なかなか彼女の凪ちゃんと初エッチを出来ない耕太ですが、ずっと隙あらば凪ちゃんとのエッチを試みます。

課題が終わって寝室に入った耕太はお布団から出た綺麗な生足に興奮します。

耕太「キレイな脚だなぁ…」

もう耕太は止められません(>_<)

もちろんいつもの様に隣の布団には妹の薫が寝ています。

耕太は脚を舐めパジャマの上からアソコを触ります。

耕太「すげぇ濡れてる。寝ててもこんなになるんだな」 布団に潜り込んで胸に手をばします

耕太「あれ…?もう少し大きかったような…」

ガザッ 隣で寝返りの音がしたので慌てて耕太は起きてないか確認します。

「凪ちゃん?︎」

そう、実は寝る前に妹なんて薫は凪ちゃんにお願いしていつもの場所と交代してもらってたのです。

凪ちゃんだと思ってイタズラをしていた子は妹の薫だったんです笑笑

 

完全に妹の罠に引っかかった耕太!

薫「静かにしないと凪ちゃん起こしちゃうよ」

薫は布団から飛び出し突然耕太にキスをします。

耕太はもう耐えられなくなっていたので薫の誘いに乗り薫が大好きな乳首を舐め回します。

耕太はだんだんとエスカレートしてアソコも舐めるともう薫は声を我慢するのが限界(>_<)

「2人共…」

何と凪ちゃんが目を覚ましちゃいました!

「兄妹で一緒に寝るなんて仲良しね」

そう、凪ちゃんは少し天然笑 「私も一緒に寝よっ」 なんと凪ちゃんも一緒に寝る事に笑

薫と凪ちゃんの間に挟まれて寝る形になった耕太…

背中に凪ちゃんの旨が当たったのがキッカケでまた大きくなった耕太のアソコが…

妹のアソコに入っちゃった‼︎

耕太「これが女の子の中…こんなの途中でやめられるわけねーだろ!」

耕太は結局初めてのエッチは彼女の凪ちゃんではなく妹の薫としてしまうのでした(>_<)

薫とエッチしている最中、凪ちゃんといえば…爆睡笑

とことん天然で可愛い子です(^ ^)

それ以来、耕太は理性と言うものを失います笑笑

三人で部屋の大掃除をする事になった時も 薫と耕太がお風呂掃除をしていると誤ってシャワーが薫にかかります。

ビショビショになった薫の胸が透けて見えると胸にしゃぶりつきます!

興奮する2人…

耕太は薫のパンツを脱がせ薫のアソコにシャワーを当てます。

薫「あっ、ダメ」

薫が本当に気持ちよさそうです(^ ^)

耕太は薫があまりにも気持ちいい反応するので嬉しそう(^ ^)

薫「またお兄ちゃんとしちゃった♡」

結局、2人は最後までエッチをしちゃいます!

エッチしてる時の薫はめっちゃ可愛い(>_<)

 

全話まとめ1話感想2話感想3話感想4話感想5話感想6話感想無料画像ギャラリー

関連記事

できちゃうけどなかでもいいよね3話感想ネタバレ。全然アソコが収まりません!

初エッチの相手は妹 6話感想ネタバレ!千夏ちゃんと台所で♡

CL-estate 発情団地 1話の感想ネタバレ

合宿免許の実態 抵抗なく楽しめる作品です♪

雑巾がけで目の前のパンツにムラッ。三話を読んだお!橋の下でヌレヌレえっち。

八百万姦 4話感想ネタバレ!浴衣を着たままでも・・・