25歳の女子高生 1話感想ネタバレ

[ComicFesta]【TL】_通常版_25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ【フルカラー】[ウェイブ].ver2.3.2

 

「 25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ 」 1話の見どころ

『25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ』の1巻は、25歳求職中の名鳥花が従姉妹の三芳果歩として高校へ替え玉通学することになりました。

 

名鳥花は三芳果歩として替え玉通学を全うできるのか『25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ』1巻のネタバレをまとめました!

 

「 25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ 」 1話のネタバレ感想

真面目でお人好しな名鳥花は、現在求職活動中の25歳女性。

 

叔母の頼みで、不登校になってしまった三芳果歩の代わりに替え玉として高校へ通学することになりました。

 

三芳果歩と名鳥花は見た目が似ているということで叔母に替え玉をお願いされ、断りきれず高校へ通うことになったのです。

 

クラスメートや教師たちにバレないかとヒヤヒヤしながら過ごす授業。

 

しかし、花は今時の高校生の会話内容などについていけず、保健室に逃げました。

 

保健室にいたのは、授業をサボるために休んでいる1人の男子生徒。

 

男子生徒は果歩に扮する花に迫り、花はバレることの恐怖で動けずにいました。

 

そんな中、タイミングよく男子生徒と花の前に現れたのは世界史教師の蟹江亮人。

 

サボりに来ていた男子生徒を追い出すと、亮人は果歩に扮する花の前に歩み寄りました。

 

「やっぱりお前か、名鳥花」

 

蟹江はすでに、名鳥花だと気がついていたのです。

 

蟹江は、実は名鳥と同じ高校似通っていたクラスメート。

 

理由を聞かれ、黙ってて欲しいとお願いするも蟹江は却下します。

 

「男を黙らせるにはどうしたらいいか分かるか?」

 

そう言いながら、蟹江は花にキスをしました。

 

突然の出来事に驚きを隠せない花。

 

拒もうと蟹江の体を押した瞬間、花は勢い余って後ろにあったベッドの上に倒れてしまいます。

 

「黙らせたいんだろ?」

 

そう言いながら、花の肌に触れる蟹江。

 

「もう、いい加減に」

 

蟹江は拒もうとする花の手を抑えます。

 

「ばらされてもいいのか?」

 

そう言いながら、花の指にキスを落としたのです。

 

『25歳の女子高生~子供には教えられないことシてやるよ』は、まさにドキドキするような展開が広がっています。( *`ω´)

全話まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です