神の乳母~異形に奪われた妻 4話感想ネタバレ

まんがの世界で生きている管理人のききです。

読んで良かった漫画の感想を書いていますのでご参考までに読んで頂けると嬉しいです。



 

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

「 神の乳母~異形に奪われた妻 」 4話の見どころ

『神の乳母〜異形に奪われた妻』は、異形の赤ちゃんの乳母(めのと)としてお役目を務める童顔人妻・杉山百合恵の物語が展開されています。

 

愛する夫が寝ている横で体を貪られてしまう『神の乳母〜異形に奪われた妻』4話のネタバレを公開します!

 

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

「 神の乳母~異形に奪われた妻 」 4話のネタバレ感想

昼は異形の赤ちゃんの乳母、夜は家族のために働く妻として私生活を送っています。

 

そんな夜。寝室で眠っているなか妙な音が聞こえて目を覚ました百合恵。

 

息子が起きたのかと思いきや、上の階ー異形の赤ちゃんがいる部屋から何かが這いずるような音が響きました。

 

音の方に目を向ければ、ベランダから百合恵を覗き込む大きな異形の赤ちゃんがいたのです。寝室に侵入する異形の赤ちゃん。

 

隣に愛する夫が眠っていてもお構い無しに、百合恵の体に這い寄ってきます。

 

ここで拒んだら、家族の身に何が起きるかわかりません。

 

百合恵は足を開き、異形の赤ちゃんを受け入れる他ありませんでした。

 

「早く終わらせて」

 

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

そう願うものの、いつもと動きが違う異形の赤ちゃん。昼とは違い、動きがゆったりとしていました。

 

異形の赤ちゃんは百合恵の体を焦らしていたのです。

 

焦らされ続けたことで、百合恵は異形の赤ちゃんについに懇願しました。

 

それと同時に、百合恵は、早く終わらせて欲しいのではなく、早く始めて欲しいと考えている自分に気がつきました。

 

異形の赤ちゃんは気を良くしたのか、不気味な笑みを浮かべると太い触手を百合恵の中に入れます。

 

いつもより奥に突き進む異形の赤ちゃんの攻め方に必死に声を抑える百合恵。

 

「ん…どうかしたかい百合恵…?今何か…」

 

絶頂を迎えたとも知らず、横になっている夫は背中越しに百合恵に声をかけます。

 

「何でもないの…ただちょっと悪い夢を見ちゃっただけだから」

 

そう言いながら、百合恵は自分の下半身にいる異形の赤ちゃんの頭を撫でたのです。

 

『神の乳母〜異形に奪われた妻』4話では、夫が隣にいるにも関わらず異形の赤ちゃんに襲われるシーンがとても官能的でした。(>人<;)

 

人前で読むには恥ずかしい内容なので、人目のないところでこっそり読んでくださいね!

全話まとめ1話感想2話感想3話感想4話感想5話感想6話感想7話感想

 

購入前に必ず試し読みすることをお勧めします。

Booklive!サイトで無料試し読み
▼ こちら ▼

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

購入してほんと満足した10作品

ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?
BookLiveコミック【AC】ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?※スマホ専用
俺得修学旅行
【コミなび純稿】『俺得修学旅行~男は女装した俺だけ!!』※24話目
千夏と熊ちゃん先生
【コミなび純稿】『千夏と熊ちゃん先生』ver1
文学女子に食べられる
【DMMコミック】同人:文学女子に食べられるLP2 SP/PC-SEO
幼馴染にイかされるなんて
【コミなび純稿】幼馴染にイかされるなんて…!同居初日に喧嘩エッチ
夏の通り雨~濡れ透けJK強制種付け
【コミなび純稿】『夏の通り雨~濡れ透けJK強制種付け~(フルカラー)』
デキちゃうけど、ナカでもいいよね
【コミなび純稿】デキちゃうけど、ナカでもいいよね。ver1
同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。
【コミなび純稿】同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。
初エッチの相手は…妹!?
【コミなび純稿】初エッチの相手は…妹!?
ネトラレノトリコ
【DMMコミック】同人:ネトラレノトリコ SP/PC-SEO

関連記事

雑巾がけで目の前のパンツにムラッ。全話まとめ。雑巾掛け人気のエッチ漫画

淫習の村~籠目の儀式~ 「赤ちゃんできちゃうよぉっ!」

「合宿免許の実態」あずさは処女なんです!正直読んでいて腹が立ちました

「あと99回シたら私とコイビトになって。」二話のネタバレ感想

雑巾がけで目の前のパンツにムラッ。五話ネタバレ!雑巾掛けのエッチな漫画

もしもモンスターが全員美少女だったら。1話感想ネタバレ!最弱勇者の戦いとは(笑)