神の乳母~異形に奪われた妻 4話感想ネタバレ

こんにちは。ききです。

今日もわたしの大好きな漫画について書いていきますね。

「 神の乳母~異形に奪われた妻 」 4話の見どころ

『神の乳母〜異形に奪われた妻』は、異形の赤ちゃんの乳母(めのと)としてお役目を務める童顔人妻・杉山百合恵の物語が展開されています。

 

愛する夫が寝ている横で体を貪られてしまう『神の乳母〜異形に奪われた妻』4話のネタバレを公開します!

 

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

「 神の乳母~異形に奪われた妻 」 4話のネタバレ感想

昼は異形の赤ちゃんの乳母、夜は家族のために働く妻として私生活を送っています。

 

そんな夜。寝室で眠っているなか妙な音が聞こえて目を覚ました百合恵。

 

息子が起きたのかと思いきや、上の階ー異形の赤ちゃんがいる部屋から何かが這いずるような音が響きました。

 

音の方に目を向ければ、ベランダから百合恵を覗き込む大きな異形の赤ちゃんがいたのです。寝室に侵入する異形の赤ちゃん。

 

隣に愛する夫が眠っていてもお構い無しに、百合恵の体に這い寄ってきます。

 

ここで拒んだら、家族の身に何が起きるかわかりません。

 

百合恵は足を開き、異形の赤ちゃんを受け入れる他ありませんでした。

 

「早く終わらせて」

 

そう願うものの、いつもと動きが違う異形の赤ちゃん。昼とは違い、動きがゆったりとしていました。

 

異形の赤ちゃんは百合恵の体を焦らしていたのです。

 

焦らされ続けたことで、百合恵は異形の赤ちゃんについに懇願しました。

 

それと同時に、百合恵は、早く終わらせて欲しいのではなく、早く始めて欲しいと考えている自分に気がつきました。

 

異形の赤ちゃんは気を良くしたのか、不気味な笑みを浮かべると太い触手を百合恵の中に入れます。

 

いつもより奥に突き進む異形の赤ちゃんの攻め方に必死に声を抑える百合恵。

 

「ん…どうかしたかい百合恵…?今何か…」

 

絶頂を迎えたとも知らず、横になっている夫は背中越しに百合恵に声をかけます。

 

「何でもないの…ただちょっと悪い夢を見ちゃっただけだから」

 

そう言いながら、百合恵は自分の下半身にいる異形の赤ちゃんの頭を撫でたのです。

 

『神の乳母〜異形に奪われた妻』4話では、夫が隣にいるにも関わらず異形の赤ちゃんに襲われるシーンがとても官能的でした。(>人<;)

 

人前で読むには恥ずかしい内容なので、人目のないところでこっそり読んでくださいね!

 

【無料試し読みはこちら】
↓  ↓  ↓
クリック!
ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

【目次】 神の乳母~異形に奪われた妻

全話まとめ

1話を読んだ感想

2話を読んだ感想

3話を読んだ感想

4話を読んだ感想

5話を読んだ感想

6話を読んだ感想

7話を読んだ感想

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

BookLive!コミックで続きを読む。こちらです。
今回は電子コミック7つの魅力についてお伝えします。 昨年から漫画本の売上が、紙媒体を電子コミックが抜いたとのニューズがありました。 ...

関連記事

婚前ブラック契約~OLは若頭仕込み~ 2話感想ネタバレ

淫習の村 1話感想ネタバレ

夏のオトシゴ 1話を読んだ感想とネタバレ

骨の髄まで私に尽くせ。全話まとめ

雑巾がけで目の前のパンツにムラッ。五話ネタバレ!雑巾掛けのエッチな漫画

できちゃうけどなかでもいいよね4話感想ネタバレ!絶対嫌って言わない