漫画「カラミざかり」を読んでみた!

 

性に興味がある高校生四人が、男子生徒が自慰アイテムを持っていることに興味を持ち見に行くこととなり

そのアイテムを使っているところをみたいというところから四人は一気にエロの世界に入り込んでしまい、四人で楽しんでしまうストーリーです。

高校生らしいリアルなエロい世界観を見ることが出来ます。

「カラミざかり」読んでの感想

好きな女子生徒がAV女優に似ていて、悪いと思いながらもそのAVを見ながら自慰行為をして好きな女子生徒のエロいところをイメージするという、あまりにも高校生らしい一面がリアルでエロさ抜群です。

強がっていた女子生徒が自慰アイテムを使っているところ見たいと、自分の下着を恥ずかしそうに見せている姿は誘っているとしか思えません。

本当におもちゃを使っているところを見せつけている清い男子生徒が我慢できるわけもなく、いがみ合っていたはずの女子生徒に欲情をしてベッドに押し倒して同級生に見られているのにイヤらしく舌を絡ませて互いに貪るように体を密着させて、音をたてながら絡み合います。

その様子を見てはいけないものを見せられているように立ち尽くして見ているというのは、自分まで二人の仲間となり、セックスを見せられているような気持ちになることが出来ます。

秘部を舐められて「ビチョビチョになってきた」といわれ、顔を隠しながらもクンニを受け入れるAV女優似の女子生徒が初めてを奪われる瞬間を間近で見て

他の女にフェらしてもらう主人公が好きな娘を目の前にしてリアルオナホールを手にしたような皮肉な感じも伝わります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です