文学女子に食べられる。1話の感想ネタバレ

こんにちは。ききです。

今日もわたしの大好きな漫画について書いていきますね。

 

「 文学女子に食べられる 」 1話の見どころ

本気で恋する女性の情愛は、これほども深いものでしょうか…。

 

文字通り全身を使って、愛しい男に快楽を与えようとする文学女子の献身!

 

男の分身を、その手で口で。

 

自らの体内に包み込み、愛撫を重ね、愛しい人の名前を呼びかけて、でも微笑みは絶やす事なく…。

 

まさに「文学女子に食べられる」風で、男冥利につきると云うものです!

 

彼女との逢瀬、男への奉仕は尽きることがないようです。

 

読めるのはDMM電子書籍サイトだけ!!

 

「 文学女子に食べられる 」 1話のネタバレ感想

これは”買い”だと思います。

 

よく映画でありますが、見所がすべて”予告編”に詰まっていて、本編見なくてもほぼ理解可能と云う浅いのが。

 

この作品ですが、DMMの立ち読みで描かれている情交は、サワリでしかありません。

 

本当に楽しみたいのであれば、やはり本編を購入すべきでしょう。

 

Hマンガでよくある見せ方が、少ないページ数で多くの演出を出そうとする、詰め込みタイプ。

 

ストーリー開始から数ページ(数コマ)で、もう女性が男のアレを口に咥えているシーンがあるとか…。

 

それに対して、この「文学女子に食べられる」は、一つ一つの行為に、こってりとした演出が加えられています。

 

例えば冒頭の、ベッドの上で彼女から彼に迫っていくシーンでは、互いに赤面して様子を見計らいながらも、彼女がおもむろに彼ににじり寄っていく状況が、数コマに亘って展開されていますし。

 

最後に彼女が、目隠し・拘束され身動きできなくなっている彼と繋がろうとするシーンなんか!

 

既に濡れそぼっている彼女の股間を、彼の屹立に騎乗位ではめ込もうとする直前。

 

その時、彼女のナカから滴り落ちる愛液が、ハチミツの様な重たさを持ちつつ、彼の亀頭に滴り流れる様まで。

 

じっっっくりと、描かれております。

 

性交に至らないでも、そのイヤラシサは満点でして、そういった”細部”の表現を楽しむには、やはり本編を通読しませんと。

 

絵全体は鉛筆書きの様なタッチですが、雑ではありません。むしろ、丁寧にひかれた線画に好感が持てます。

 

トーンワーク自体も、光学的な影をつけると云うより、これから結ばれようとしている二人の情感を滲みだす様な使い方。

 

この作者(サークル)の作品でしたら、次回作も期待しますね!!

 

【無料試し読みはこちら】
↓  ↓  ↓
クリック!
【DMMコミック】同人:文学女子に食べられるLP2 SP/PC-SEO

 

【目次】 文学女子に食べられる

全話まとめ

1話を読んだ感想

無料画像サンプル

 

⇒ 続きはこちらです。

 

関連記事

初エッチの相手は妹 5話感想ネタバレ。露天風呂でも二回戦!

憧れの人はS○Xフレンド!5話,6話「今回は少し我慢してよ」

淫習の村 1話感想ネタバレ

「ウチの弟マジででかいんだけど見にこない」ネタバレがやばい!!

君を抱くのが仕事だから!ついに鈴が京介の書斎へ

神の乳母~異形に奪われた妻 2話感想ネタバレ