文学女子に食べられる2 清楚系ビッチに童貞が敵わないということです。

  

文学女子に食べられる2の魅力

絵のタッチがいかにも文系だという彼女の

おしとやかな雰囲気を醸し出しています。

 

文学サークルの先輩の童貞だった「僕」の

女性に対して奥手な

いかにも草食男子だとうかがえます。

 

水面下で動く清楚系ビッチの生態を知ることになるでしょう。

ベットシーンでは彼女のなすままに

「僕」がせめられる一方で

それでも幸せそうな「僕」が

見受けられます。

 

文学女子に食べられる2のネタバレ内容

まさに女の子に童貞が喰べられるといった

ベットシーンでの男の受け身を垣間見られます。

 

物語においても

「僕」は彼女のことが気になっているから

その点筆下ろしをされたのは良かったものの

サークルでは何もなかったように振舞っています。

 

あしらわれる辛さといったらないでしょう。

ですが、また二人っきりになると彼女に襲われるという

なんとも微笑ましい

禁断の恋を感じさせてくれます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です