俺得修学旅行61話 強がっている可愛い那由華会長がヤバイ!

俺得修学旅行

 

今回の俺得修学旅行61話を読んだ感想として

ついに!!由華のセックスシーンが見られることに興奮してしまう(*^_^*)

そんな俺得修学旅行61話です!

それほど、わたしは那由華のセックスシーンを待望していました。\(^o^)/

 

今までには那由華のエロいシーンはいくつもあったのですが、

セックスシーンがなく、どれほどエロい感じになるのか楽しみでした。

61話でついに、処女が開門されて、那由華の今まで我慢していた性欲が爆発するシーンがいくつもあり、

読んでいるこちらも興奮が収まりませんでした。

 

今回の俺得修学旅行61話で好きなシーンは、那由華が

「何この下品な音?体が勝手に反応しちゃう」

というセリフを言っているシーンです。

初めてのセックスの感想を聞く勇太には、少し冷酷な感じを受けましたが

ここにも那由華の強がりな部分が出ており、本当は感じまくっているのに気持ちよかったと言えない乙女心がよく描かれていて

たいへん良かったです。

次の話もどんな展開になっていくのか楽しみです。

 

 俺得修学旅行61話 少しあらすじ

那由華が絆創膏を乳首とマン筋に貼って登場してきた姿を見て、勇太は

「乳首とクリに触れないように気を付けますね」

と愛撫を始めます。

しかし、那由華は次第に乳首とクリを触れられたくなってきます。

しかも、マンコからは汁が出てきて、マン筋に貼った絆創膏は取れかけていました。

それに気づいた勇太は、「そろそろいいですか」と那由華に問います。

那由華は「任せるわ」と、ついに鉄の処女が開門されます。

今まで我慢してきた那由華の性欲が爆発します。

次回が遂にクライマックス!!最終話になるのではないでしょうか!!

61話まで読んできましたが、61話がいちばん良かったですよ~(*^^*)

 

【速報レビュー】俺得修学旅行62、62話 北条那由華の秘密!?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です