ちはやふる 映画みてから読んだ感想を紹介!

「 ちはやふる 」 はどんな漫画?

競技カルタに本気で挑み続ける恋愛青春漫画です。

実は、広瀬すずさんの実写化を見てから本編が読みたくて購入しました。(*^_^*)

 

「 ちはやふる 」 のあらすじ・ネタバレ

小学生の頃からかるたが大好きだった千早、新、太一。

 

引っ越しで太一が遠く離れても3人の絆はかるたで繋がっていた。

高校生になり瑞沢高校で千早と太一は競技かるた部を設立。

新入部員も揃い、紆余曲折ありながらも皆で一致団結し全国大会へ。

競技かるたから身をひいていた新も再びかるたへの道を歩みはじめ、千早はクイーンになるという目標に向かって全力を注ぐ。

詩暢や猪熊遙、周防といった強力なライバルたちとの出会いで千早たちは更なる高みを目指して駆け抜ける青春漫画である。

 

「 ちはやふる 」 の感想を書いてみたよ

題材が競技かるたという決して身近ではない漫画なのに、どのキャラクターにも自然と感情移入できてしまう魅力がこの漫画には溢れています。

必死でかるたに全力を注ぐ姿を見て、青春って素晴らしい!

こんな青春味わいたかった!と切実に感じます。

何事も一直線な千早は読んでいてとても気持ちよいです。

とても美人なのに女の子らしくない性格、純粋だけどとにかくかるたのことになると誰よりも熱い千早が大好きです。

千早をめぐる三角関係の今後の行く末も気になって仕方ありません。

ずっとずっと胸に秘めていた千早への想いを、畳の上で自然と告白したシーンは太一の千早への気持ちが伝わってきて、涙が流れました。

好かれなくても良い、とにかく気づいて知ってほしいという気持ちが上手く表現されていたと思います。

3人の恋愛模様だけでなく、これからもライバルたちと切磋琢磨し強くなる姿を見ていきたい漫画です。

 

「 ちはやふる 」 の評判と評価

疾走感、爽快感をちはやふる読むことで身体全体で感じることができ年代問わず誰にでもおすすめできる漫画で、私的には満点に近い評価です。

小学生などの学生にとっては、百人一首を通じて日本の文化の良さを改めて実感し、和歌や短歌にも興味を抱くようになるかもしれません。

大人たちは、千早たちを通して青春をもう一度疑似体験すりこともできます。

ただの漫画では収まりきれない魅力が、この漫画には溢れていてキラキラ輝く作品だと思います。

 

「 ちはやふる 」 を電子コミックで読んでいてのおすすめポイント

いつでも好きなときに本屋に行かなくても気軽に漫画を購入できること。重い本を持ち歩かなくて好きな漫画を読めることですね。(*^_^*)

わたしは「まんが王国」で読んでいますが、まんが王国には他の電子コミックサイトにはない「じっくり試し読み」と言うのがあるので非常に嬉しいです。

ちなみに15ページ会員登録無しで読めます。

 

関連記事

できちゃうけどなかでもいいよね。全話まとめ!純愛系の漫画?

眠るあの子にハメてみた。全話まとめ

俺得修学旅行55話 最新話の画バレします。

君を抱くのが仕事だから 全話まとめ

姉はヤンママ授乳中in実家 全話まとめ

今宵少女は獣に抱かれ 全話まとめ