おねえさんとなつやすみ(リリックボックス)を読んでみた。

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

 

おねえさんとなつやすみ(リリックボックス) “作者のリリックボックスさんが描く

とっても肉感的でエッチな「お姉さん」が魅力です。

これが、まあ柔らかそうな身体で。

それはお姉さんの身体だけの話ではなくて、性格の方もまた包容力に溢れている素敵な女性なのです。

そんなお姉さんが自分よりかなり年下の少年に対して身体を開いていき、ひたすら甘やかしていくようなストーリーになっているので

読んでいる間はずっと彼女の優しさに浸っていられるような、そんな作品になっています。

 

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

 

あらすじ紹介

男は、自分が幼い頃に過ごしたある夏休みの思い出を振り返る。

両親の実家に帰省した彼――少年は、そこで親戚のお姉さんと毎日を過ごす事に。

少年はちょうど異性を意識し始めるお年頃。

そんな彼の様子に気付いたお姉さんは、

「だいじょうぶだよ。男の子なら興味を持つのは自然な事だから」

そう言って優しく微笑むと、両親や祖父母に内緒でその身体を触らせてくれるようになる。

そこからお姉さんとのエッチな夏休みが始まるのだった。

 

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

 

おねえさんとなつやすみ のおすすめシーン

お姉さんが夜に少年の部屋に来てくれるようになったりするのですが

その最初の夜が一番好きですね。

一目見て「おっきい!」と目が釘付けになってしまうような巨乳の持ち主であるお姉さんが、少年の前でそのおっぱいを晒してくれるんですよ。

そんな大人の男性でも夢中になるであろう巨乳を目の前に差し出されたら

思春期に入ったばかりの少年なんてもうひとたまりもありませんよね。

そこからどんどん二人の行為はエスカレートしていくのですが

やっぱり最初のそのシーンのインパクトは凄かったです。

 

⇒ 「みすずの部屋」嫌悪感なし!画像付き完全解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です