【カラミざかり】喪失感が半端ない懐かしい作品

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

「カラミざかり」の魅力

綺麗でスッキリした絵柄と、まだセックスを経験していない高校生の男女4人という初々しい始まり方をするのでとても読みやすいです。

その上で今流行りの「寝取られ要素」をぶち込んでくる衝撃とギャップも素晴らしいですね。

シリーズものの第一話みたいなんですが、この話だけでも90ページあるというだボリュームなのでとても読み応えがある漫画です。

次の完結編(?)に向けた意味深なシーンもあって何度も読み返したくなります。

「カラミざかり」のあらすじ

同じ高校のクラスメートである「山岸高成」「吉野貴史」「飯田里帆」「新山智乃」の4人。

高成に対していつもエロトークをしている親友・貴史は、ある日「オナホを買ったんだ!」と高成に教えてくる。

それを立ち聞きしていた智乃は貴史をからかい、「それ私達にも見せてよ」と言って親友の里帆と一緒に貴史の家に押しかけた。

高成もそれについていき、両親不在の貴史の部屋に集まってオナホを話題におかしな雰囲気になっていく一同。

そんな中で智乃は貴史に「そのオナホ使ってみてよ」と煽り、それに貴史は動揺しながら「お前がオカズになってオナホをしごいてくれるならいいよ」と無茶な条件を出した。

しかし智乃は言われるままに制服のスカートをたくしあげて下着を晒し、本当に貴史のモノをオナホでしごき始める。

そしてヒートアップした二人はそのままベッドに倒れ込んでキスやセックスまで始めてしまい……それを高成と里帆は顔を真っ赤にしながら無言で眺めていた。

やがて智乃の中で射精した貴史は、照れ隠しに「お、お前らも来いよっ」と言って見物組だった二人を誘う。

智乃に続いて里帆もまた貴史のベッドで抱かれて処女を散らしていき、高成もそれを見ながら勃起したモノを智乃に口で射精させてもらう。

そこで貴史の母親がいつもより早く仕事から帰ってきてしまったため4人の初体験は終了し、そそくさと解散する。

密かに里帆に想いを寄せていた高成は、たった今、自分以外の男で処女を失った彼女の後ろ姿を無感情な瞳で見つめるのであった。

 

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

 

「うっわ、飯田のまんこ、ちょー濡れてる。飯田エロいなー、興奮してたんじゃん。すっげーぬるぬる。指つるって入ったぜ」

そんな貴史の手マン実況がエロかったですね。

高成の視点で描かれるので、実際に貴史の手が飯田のスカートの中に入ってどう動いているのかとか

どんなに濡れているのかは描写されていないんですが、それがまた妄想を掻き立てて良かったです。

「カラミざかり」の感想

序盤で高校生4人のちょっとエッチな青春話みたいな雰囲気を出しつつも、終わってみればかなり寝取られ感が溢れる展開になっていったのが凄く印象的です。

別に誰が誰の恋人というわけでもないし、お互いの気持ちを伝えあったわけでもないので「寝取られた」というのはちょっと違うのかもしれません。

しかしエッチシーンの興奮と同じくらいに大きな喪失感ようなものも覚えるお話でした。

大切に思っていたものを奪われた憎しみみたいなものは一切ないんですよ。

それは事の経緯とか貴史の憎めないキャラクターとかのおかげなんだと思いますが、とにかく憎しみも恨みもなく、ただただやるせない感じが残るところが好きですね。

次回作が予定されているという事で、早くその続きが読みたくなる良い漫画です。

 

無料試し読みを読んでみる(真剣に)

お得に電子コミックで読むには?
わたしが、3年間使用し続けている「ブッコミ」ことBookLiveコミックがオススメです。

1,話単位で安く購入できる
2,全ての漫画の試し読みが出来る
3,スマホ、PCでも読める
4,漫画ランキング100から見つける
5,請求書から読んだ漫画がバレない!

BookLiveコミックhttps://sp.handycomic.jp/

※「漫画名」で検索すると、無料試し読みができます。

 

関連記事

「あせとせっけん」見事にハマってしまった作品です。

【お薦め漫画感想まとめ】銀魂

淫習の村~籠目の儀式~ 「赤ちゃんできちゃうよぉっ!」

君を抱くのが仕事だから。もう先生のそばにはいられない…

漫画「暗い家」 5,6話を読んでみた!

おにれんぼ。全てがエグイ3話感想ネタバレ