【お薦め漫画感想まとめ】キングダム

「 キングダム 」 はどんな漫画?

紀元前の中国を舞台に、500年以上続く大戦国時代を終わらせるべく、一人の少年と一人の王が命をかけて中華統一を目指す物語。

 

「 キングダム 」 のあらすじ・ネタバレ

主人公である信は下僕として生活を送りながらも、共に下僕として同じ家に仕える漂と天下の代将軍を夢見て剣の稽古に励んでいた。

そんなある日、漂だけが王宮で仕えることとなった。その任務というのは王である政の身代わりとなることだった。

政は漂のおかげで、弟の反乱から何とか逃れたが、漂は信のもとで息絶えた。

そして信は、漂の遺言に従い政と合流し王宮を取り戻すこととなる。王宮を取り戻したのち、政は中華統一を掲げ、信は天下の代将軍を目指し、共に戦乱の世に立ち向かっていく。

 

「 キングダム 」 の感想を書いてみたよ

私が好きなキャラは独特の軍才で敵の虚をつく「桓騎」です。

このキャラクターは、主人公である信と同じ国の将軍でありながら、異彩を放つ戦の天才です。

首切り桓騎の異名をもち、勝利のためなら手段をえらばず残虐非道なことでも平気で行います。

キングダムに出てくる武将は人格者が多いのですが、この桓騎だけは異質な存在です。

しかし、その戦術眼は登場する武将の中でも群を抜いています。

そして何より魅力的なのが、そのカリスマ性です。

そんな桓騎が活躍するのが趙の黒羊を攻めるシーンです。

勝つためにはどんなに卑劣な手でも躊躇なく使う桓騎に、共に戦う仲間である信も強く反発します。

キングダムには、桓騎の他にも、メインキャラクター以外でも個性豊かで魅力的なキャラクターがたくさん登場します。

それぞれの武将が独自の個性を持っているので、一人一人観察するのもとても楽しいです。

 

「 キングダム 」 の評判と評価

一言でいうととにかく面白いです。

ストーリーが面白いのはもちろんですが、なんといっても魅力的なのは登場するキャラクターです。

一人一人がそれぞれに個性があって武将同士の戦闘シーンは迫力満点です。

以前には人気バラエティー番組「アメトーク」でもキングダム芸人と称して紹介されるほどに日に日に注目度と人気を増している作品です。

NHKでもアニメ化されるなど、面白さは保証済みです。

武将好きの人はもちろん、戦ものはあまり見たことがないよという人でも十分に楽しめる内容です。

 

関連記事

ヤらないと死んじゃう病。2話感想ネタバレ!裸より刺激的でオールカラー!

八百万姦~異界で処女を競り落とされて 3話感想ネタバレ

できちゃうけどなかでもいいよね。1話感想ネタバレ!クオリティーが高すぎて過激!

できちゃうけどなかでもいいよね3話感想ネタバレ。全然アソコが収まりません!

「カラミざかり」好きな人を奪われ間近であえぎ声を聞きながら・・・

【大絶賛!】夫は獄中、一方妻は…を読んでみたが、凄く悲しい・・・