「奴隷日記」を読んでみたが、予想外に内容がヤバイかった!

奴隷日記を読みました。

かなり読んでいて気分が悪くなる作品でしたが、なぜか1話、1話心に刺さるシーンがあります。

もし、自分がこの状況にいたら絶対に奴隷にならない!!

と言い切れる自身が無いぐらいに、先生の洗脳ぶりは凄いものがあります。

 

調教され、突き放し、褒めては突き放して・・・洗脳がより完璧なものになる過程がなんだか恐怖に感じます。

あと、少し過激なシーンもあるので、そう言った内容が苦手な人はご注意です。(*^_^*)

先生の司令で自慰行為を3回して写真を送らされたり

先生に洗脳された先輩奴隷との性行為があったりします。

 

7話読んだ地点で息切れ状態のわたしですが(笑)

(ほんとは7話ぐらいで完結すると思っていた)

 

まだまだ完結しない・・・

このドキドキがまだ続くと思うと、ちょっと私もこの作品から変な影響を受けているような気がして、少々心配な気分に!!

どちらかと言うと、オススメできない作品で・・・

特に人間のダークな部分を取り扱った、明るい楽しい要素ゼロな内容です。

 

でも、何故か読んでしまう!!

そんな、変な魅力のある漫画でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です