「あせとせっけん」見事にハマってしまった作品です。

「あせとせっけん」の魅力

汗っかきな女性「八重島麻子」と汗臭フェチの男性「名取香太郎」という少しマニアックで変態的な組み合わせと、そこから生まれる恋の甘酸っぱさというか純情さのギャップが面白い漫画です。

その体質のせいで内気な女性に育ってしまった麻子はこれが初めての恋愛で、まるで少女のような初々しさを見せてくれます。

二人の恋愛が描かれるストーリー部分も良いですが、舞台が化粧品メーカーという事もあって石鹸の変わった使い方や、汗はどうして色んな匂いがするのかなどのマメ知識が紹介されるところも読んでいて楽しいポイントです。

「あせとせっけん」のあらすじ

汗っかきな女性・八重島麻子26歳は子供の頃から自分の汗の匂いが気になって仕方ない。

そんな彼女にとって汗を洗い流し、良い香りをもたらしてくれる石鹸や制汗グッズは手放せないものだった。

それが高じて「リリアドロップ」という有名な化粧品メーカーに就職した彼女だが、大人になっても毎日数回の制汗ケアが欠かせない生活を送っている。

そこに現れたのが汗臭フェチの男性・名取香太郎。

彼は商品開発部プランナーで、麻子の大好きな石鹸を考えた人物だった。

香太郎はその優れた嗅覚でもって、麻子が使っている複数の化粧品を全て言い当ててみせる。

そして「あなたのにおいを嗅いでいると新作のインスピレーションが浮かぶ。

これから毎日あなたの匂いをかがせてください!」と頼み込んでくるのであった。

「あせとせっけん」の好きなセリフ

「俺は八重島さんが幸せを感じた時のにおいが一番好きです!」

体が出す匂いはその時の精神状態によっても変わるのだと語る香太郎。

彼が麻子から最初に感じたにおいは、彼の作る新作石鹸を見ながら幸せそうにしている時の麻子のものでした。

「あせとせっけん」の感想

何やら変態的な漫画が始まったぞ……と思いながら読み進めていくと、いじらしい麻子と真っ直ぐな香太郎の甘酸っぱい恋愛模様が描かれていって見事にハマってしまいました。

香太郎の爽やかで明るい笑顔と、麻子が時々見せてくれる花が咲いたような笑顔が印象的ですね。

自分の作った石鹸が女性にあのような笑顔をもたらしたのだと知れば香太郎も感無量でしょう。

初々しい恋愛を重ねて仲を深めつつ、同時に新しい石鹸の開発も忘れないお仕事漫画な面もあるので色々な楽しみ方ができる作品だと思います。

読んでいてこちらも幸せな気持ちになってくる素敵な恋愛漫画なので、興味が出た人はぜひ一度読んでみてほしいですね。

 

⇒ 続きはこちら!(じっくり無料試し読み)

 

「あせとせっけん」の魅力 ありそうでありえない設定から始まるこの漫画は、とても魅力的です。 人一倍汗かきで誰よりも自分のが出している...

関連記事

看守の執拗な身体検査-5話感想ネタバレ!10分以内に調理を終わらせないといけない...

終電後カプセルホテルで上司に微熱伝わる夜。5話感想ネタバレ

【悲鳴】夫は獄中、一方妻は…大家の息子のエッチにドン引き!!

ゴミ屋敷とトイプードルと私 1巻後半の感想ネタバレ

合宿免許の実態 中年教官に脅され路上セッ○ス教習

【悲鳴】「カラミざかり」の意外な展開に驚き!